鍵盤男子!イケメンアーティストがバナナ♪ゼロミュージックに出演

今回、鍵盤男子がバナナ♪ゼロミュージックに出演します。

そこで今回、鍵盤男子とはなんぞや?と気になっちゃったので、自分なりに調べてみましたよ!

あなたも一緒に見てみましょう!

鍵盤男子とは?

鍵盤男子とは、繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニストの大井健(おおいたけし)さんと、あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作曲家、中村匡宏(なかむらくにひろ)さんがデュオを組み『鍵盤男子』を結成しました。それぞれのプロフィールを見てみましょう。

スポンサードリンク

プロフィール

中村 匡宏(Kunihiro Nakamura)写真左側

​作曲家・音楽博士。幼少の頃、父の反対を押し切り音楽の道を志す。鹿児島県立松陽高等学校音楽科作曲専攻卒業、国立音楽大学音楽学部作曲学科を首席で卒業と同時に有馬賞受賞、国立音楽大学大学院修士課程作曲専攻を首席で修了と同時に最優秀賞を受賞、国立音楽大学大学院博士後期課程音楽研究科創作研究領域修了、博士号(音楽)取得。ウィーン国立音楽大学大学院 postgaraduate 作曲科にて修学。
NHK鹿児島放送局80周年記念コンサート放送において「桜島大正の大噴火から100年」テーマ交響曲「SAKURASHIMA」楽曲制作、ピアニスト、指揮、出演。NHK Eテレ「ムジカピッコリーノ」音楽制作出演協力。新垣隆アルバム『新生』、『連祷』(DECCA 2016年)収録のピアノコンツェルト「新生」指揮。教育芸術社出版デジタル教科書音楽アレンジ、音源制作。「前向きになれるJ-pop」「ほろりピアノII」(キングレコード)新録アレンジ、レコーディングピアニスト。

大井 健(Takeshi Oi)写真右側

3歳からピアノ教師の母親に音楽の手ほどきを受け、幼少からドイツ・イギリスに渡り、作曲家メンデルスゾーンの子孫から直接ピアノを学ぶ。数多のコンクールに優勝し、13歳でロンドン・クイーンエリザベスホールにてバッハのピアノ協奏曲をオーケストラと共演するなど、イギリス各地で演奏活動を開始する。
帰国後、国⽴⾳楽⼤学附属⾳楽⾼等学校⾳楽科ピアノ専攻を経て、国⽴⾳楽⼤学⾳楽学部器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中、大学オーケストラとラフマニノフのピアノ協奏曲を共演。
大学卒業と同時にオペラユニット「レジェンド」の専属ピアニストとしてスカウトされ、演奏活動を開始。以来全国各地、毎年100回を超えるコンサート全てに帯同する。

なんか、とてつもない方たちですね!もはや未知の世界ですねー

スポンサードリンク

そんな鍵盤男子がバナナ♪ゼロミュージックに出演

今回は、今話題のイケメンアーティスト特集との事です!ピアノとヴァイオリンのトリオTSUKEMENも登場するそうですよ!ピアノデュオ鍵盤男子は超絶技巧を披露するんですって!

とても気になりますね!

まとめ

今回は、気になって自分なりに鍵盤男子の事を調べて書いてみました。今年は2月に初の映像作品となる「Piano Love The Movie」が発売されるので、これからも、まだまだ活躍していかれる事でしょうね。楽しみですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする